手洗い洗車の流れ

洗車用語集
1. 水を十分にかける
直射日光を避け、ルーフ(上)から水をかけておきます。
*水圧洗浄機じゃなくてもかまいません。
*直射日光が当たる場合だと、スポットが出来る原因にもなります。(特に濃色車は要注意!)
2. 中性洗剤で洗う
最初と同じようにルーフ(上)からスポンジ等で汚れを落とす様に洗う。
バンパーや下の方は汚れが付きやすいので、ボディを洗った最後にしましょう。
*後からワックスやコーティングなどをかける場合、ワックス入りのカーシャンプーはやめたほうが無難です。
(汚れがこびり付く可能性がある為)
3. 洗剤を十分に落として素早くふき取る
ルーフ(上)から十分に洗剤を落としていきます
*最初に拭き取る時には水滴が残りやすい所から。
ルーフ→ボンネット→窓ガラス→残りの箇所
必要なケミカル用品
・バケツ ・カーシャンプー ・スポンジ ・拭き上げ用ウエス

細かい洗車傷が入る場合はスポンジに汚れや鉄粉が付いてる可能性がありますのでスポンジはいつもきれいにしておきましょう。

ワンポイント
洗剤は、泡を立てておくと汚れ落ちがよくなり洗車傷もつきにくいです。特に濃色車は洗車傷が目立ちやすいので泡を立てることをオススメします。

  • 洗車シャンプー
    ①洗剤を入れる

    きれいなバケツに洗剤を入れておきます。

    ②水圧で泡たてる

    水圧を強くして泡立てます。

  • 洗車洗剤1
    ③水の量を調整する

    泡ができたら今度は水の量を調整していきます。

    ④泡の完成

    まるでビールを注ぐみたいですが完成です。

洗車天気予報

手洗い洗車ページ

このウェブサイトは国際的標準化団体「W3C」の定めた正当なCSS+XHTML によって記述されています。

正当なCSSです!

Valid XHTML 1.0 Transitional